スタンダード仕様・装備

建物の基本仕様

寒暖の差が激しい北海道型の家では、仕様・装備・設計方針は、設計者の考え方によって完成後の住み心地と性能が大きく左右されます。

従来から一般的に建てられている木造軸組工法では、わずか10.5㎝の狭い壁の中に構造材、耐震金物、設備配管、電気配線ボックスなどが多数の部材が格納されています。昔のように貧弱な断熱材、耐震性もそれほど重要視されなかった頃の家は、それが普通だったのかも知れません。

しかし、現代のように省エネルギー化を図る一方、頻発する大地震でも倒壊しにくい耐震強化を同じ壁に混在させる設計は限界で、中途半端な細工では断熱も耐震も十分な効果を発揮できません。

手島設計の標準仕様では、地震力と雪などの積載荷重を支える構造体と内外の断熱と気密を行うエリアを完全に分離させて、省エネ効果・耐震性能・耐久性能を高レベルで発揮できる仕様としております。

構造体のイメージ

構造材の強度の低下がなく十分な高耐力設計が可能となります。
将来、建築基準法が強化されても設計施工上簡単に対応できます。構造体のイメージ

断熱層のイメージ

断熱材は構造材等に邪魔されず隙間なく連続して施工が出来ます。断熱層のイメージ.
さらに、断熱材を厚くすることも可能です。

建物内部は、どこでも均一に近い安定した温度となり保温性が持続します。

省エネルギー住宅を目指し開発された外断熱住宅は、寒い時間帯だけボイラーを運転する間欠暖房で十分です。

断熱仕様

北海道の住宅設計は断熱と気密から始めると言っても過言ではありません。
断熱仕様

長い間北海道を拠点に住宅設計に取り組んできた建築士としての断熱の方法は、

外断熱構法が一番確実で信頼できる方法です。

基礎の構造

基礎は建物にとって一番重要な構造体です。
基礎の構造
基礎の底盤から立ち上がりと土間コンクリートを全て一体化、不同沈下に強く地震時にも揺れにくい設計です。

外壁と屋根の断熱仕様

暖まった室内の空気を逃がさないようにする為の断熱設計の重要なポイントです。
外壁と屋根の断熱仕様

外壁と小屋裏の施工写真

小屋裏は、家自体が自然換気を行う空間です。
ここで室内から出た排気を外部に放出します。
小屋梁と断熱材小屋梁上の断熱材
外壁断熱と小屋梁上断熱の接合部分外壁1層目完了、横下地と2層目断熱

外断熱仕様の設計施工のポイント

POINT 1 基礎断熱
外周は全て凍結深度まで断熱材を打ち込む。

POINT 2 床下の措置
配管ピット以外は、全面盛り土とする。

POINT 3 土間コンクリート
蓄熱と放熱作用のための重要な部分。土間コンクリート下にビニール付き断熱材を設けて、湿気と土壌汚染の浸入を防止する。

POINT 4 小屋梁上断熱
梁上のレベルを統一して、二重に断熱材を張る。

POINT 5 外壁断熱
基礎断熱と連続して、柱、梁の外側で二重に断熱材を張る。窓まわりの納まりに注意する。

*POINTの説明は施工順位
外断熱仕様の設計施工のポイント

地熱を採り入れ蓄熱する土間コンクリートは標準仕様です。

躯体構造

日本の風土、特に北海道の気候に適した木造軸組工法を採用。理由は、間取りの自由性と将来の増改築が他の構造よりも容易であり、何よりも外断熱を効果的に確実に設計するためです。木造軸組工法基礎と一体化された土間コンクリート

基礎と一体化された土間コンクリートの上に土台を敷くので、荷重は分散され、部分的に下がるようなことは生じません。
工場でプレカット加工された柱や梁の組み立て作業
構造図に基づき、工場でプレカット加工された柱や梁の組み立て作業。材種は集成材が主で、梁の間隔とサイズは荷重によって構造設計します。

構造専用エリアに耐震金物を取り付けるので、今後、建築基準法の耐震基準が大幅に強化されても大丈夫です。

耐震金物耐震用金物
仮に現行基準の2倍となっても設計上の納まりに支障はなく、北海道以外の地震多発地域にとっても有効な構造です。
2階の床下に構造用合板を張る仕様屋根下にも全面的に構造用合板を張る仕様
地震力を分散して耐震壁へ伝える為に床の剛性を高めます。

2階の床下に構造用合板を張る仕様はもちろん、屋根下にも全面的に構造用合板を張る仕様です。

建築基準法の規定にはありませんが、木材は省略せずに縦と横の部材を多く太く使う設計です。
木材は省略しません
壁の石膏ボードは12.5㎜の厚さで、内壁は全てが準耐力壁です。
天井の石膏ボードも12.5㎜となっており、防火材として不燃認定材です。

万一火災が発生しても延焼時間が遅く避難上有効となります。
石膏ボードは12.5㎜の厚さ

室内の換気

「断熱・気密・換気はセット」でと、よく住宅情報誌などに書かれていますが、確かに間違えはないと思います。

しかし、その組合せによっては、住み心地が大きく変わります。

手島設計の考えは、パッシブ型の自然換気です。特長は微気流の流れに乗って肌に感じることなく、緩やかに自然に換気されることです。機械換気設備も設置していますが、使うことはほとんどありません。

自然換気の良さは、換気されていることに身体が感じないことです。
もし、換気扇によって空気が移動すると、暖かい空気でも肌には寒く感じます。体感温度と表現されることと同じです。
パッシブ換気
換気の説明
①:通気層内に発生する上昇気流を利用した換気口
②:外気を土間下から給気、2階天井から排気する換気
③:特殊な使い方に備えた機械換気(建築基準法の0.5回/hの換気能力)

仕様・装備

外壁材

外壁の仕上げ材は、好みと予算によっても違ってきます。外装材
下記は、主な仕上げ材を明記しましたが、材料別に長所短所、メンテナンスなどについて、細かく説明を行います。

・乾式タイル

・湿式レンガタイル

・塗り壁(ジョリパット)

・塗り壁(吹付けタイル)

・モルタル塗装仕上げ

・アルミ製サイディング

・窯業系サイディング

・一部、木羽目板

玄関断熱ドアはYKK・LIXIL・他

玄関ドア

樹脂製フレーム・断熱ガラスはYKK・LIXIL

樹脂サッシ

屋根材はガルバリュウム鋼板

屋根材はガルバリュウム鋼板 屋根材はガルバリュウム鋼板

内装用造作材はパナソニック

内装建材パナソニック

内部ドア、収納扉はパナソニック

内部ドアフローリング

無垢フローリングは北海道産・他

無垢フローリングは北海道産無垢フローリングは北海道産

壁、天井のクロスはサンゲツ・他

内装クロスはサンゲツ ナラ床材

設備機器

キッチンと周辺機器はTOTO

キッチンと周辺機器はTOTO キッチンと周辺機器はTOTO

ユニットバスと洗面化粧台はTOTO

ユニットバスと洗面化粧台はTOTO ユニットバスと洗面化粧台はTOTO

お客様の要望により、他のメーカーの場合も可能

お客様の要望により、他のメーカーの場合も可能

便器はTOTO

便器はTOTO 便器はTOTO

トイレ手洗い等はTOTO

手洗い等はTOTO 手洗い等はTOTO

レストパルと小便器はTOTO

レストパル小便器

照明器具はパナソニック

照明器具はパナソニック

暖房パネルヒーターは森永エンジニアリング

暖房パネルヒーターは森永エンジニアリング暖房パネルヒーターは森永エンジニアリング

床下暖房蓄熱装置はオリジナル設計

床下暖房蓄熱装置はオリジナル設計床下暖房床下暖房

その他の標準仕様

電動物干し機 一台
網戸 開放窓は全て取付け
LAN配線 3箇所
屋外給排水設備、特殊な場合を除き基本的に含む
カメラ付きインターホン 外1台 内2台
地上波受信アンテナ
その他、基本的な物は含みますがご確認下さい。

標準工事に含まれないもの

地盤改良工事(コンクリート杭が必要な土地)
外構、植栽工事など
電話引込み工事(屋内通線用の配管は含む)
借入機関の貸付け条件による仕様変更
その他詳しくはお問い合わせください。