外断熱構法は真冬でも、家中のドアは開けっ放しの暮らし

デザインやインテリアも気になるけれど、実はもっと大切なことがあります

それは家の見えない部分の断熱や気密です。断熱や気密がしっかりした家は、暖かさのほかにもメリットがたくさんあります。

特に北海道の家では、そのことを初めに知っておくことが、失敗しない家を建てる秘訣です。

北海道で家を建てるなら暖かい家に住みたい

私が自信を持って設計する「外断熱構法」は、基礎から外壁、屋根まで建物の外側から断熱材ですっぽりと覆い気密性を高めるため、外気の影響を受けません。リビングも子供室もトイレも家全体がほぼ同じ温度で快適に過ごせます。目に見えない壁の中も室内と同じ環境のため、結露もなく年数が経っても変わることはありません。

外断熱構法のイメージ

外断熱構法は施工手間もかかりコストも高くつくけど、住み続ける人にとっては低燃費で経済的

従来方法の断熱では欠点が多く、どんなに真面目で腕がよい職人が施工しても隙間が生じます。断熱上の欠点がない外断熱を否定する建築技術者はいないと思います。実際に建てた家で住み心地の良さを聞くと、他の断熱に妥協することは出来ません。

外断熱と壁内断熱の比較

断熱と気密の施工区域を明確に区分することが大きなポイントです。シンプルに家全体を包み込むので欠点は生じない構造です。

外断熱と壁内断熱の比較

断熱以外にも耐久性や耐震性も高まる

外断熱の領域と柱などの構造体の領域が完全に区分され、壁内結露は絶対に起こりませんから土台・柱・梁などの構造体の耐久性が高まります。断熱材を気にすることなく耐震部材を設けることができます。

外断熱は内外の温度が完璧に区分される温度分布で分かる不完全な内断熱

一目で分かる断熱の違い

ユーティリティーの工事中の写真ですが、ほかの部材に関係なく青いスタイロフォームで囲われていることが分かります。外断熱以外では、柱の間に断熱材を挿入しますから断熱材は分断され隙間ができます。

ユーティリティーの外断熱 隙間ができる充填断熱

 

壁内断熱は限界があり、設計と施工の進歩が期待できない

壁内断熱は上手く出来ないことは誰もが認めることです。隙間はビニール質の材料で内側から塞ぎ高気密と言っていますが、それでは、ほんとうの高断熱の意味はありません。

外壁まわりの外断熱工事

柱、梁の構造体と小屋梁上の断熱外壁断熱材、1層目の張り始め断熱工事中外壁二重張り断熱工事の全てが完了外装仕上げ工事直前の状態

冬暖かく 夏涼しい 外断熱住宅は 温暖地域でも効果を発揮します

断熱が完璧な住宅は、真夏の暑い日であっても、他の家とは違った涼しさがあります。

地中熱が床下の土間コンクリートに伝わってくるので、ヒンヤリとした部屋の温度になります。

冬暖かく夏涼しい遮熱効果

現代では、関東でも外断熱を標準仕様としている工務店が複数存在します。

北海道とは逆に防暑対策のためで、屋根下に遮熱性のあるスタイロラスターを張りますが、この設計は外断熱構法と同じ考えです。

現代は日本全国どこでも設計と施工は可能です。北海道以外でも是非お勧めしたい資産価値の高い断熱構法です。