家づくりの進め方
家づくりの進め方
家が完成するまでには多くの工程があり、その手順は非常に重要なことです。
ロスの少ない設計、スムースな現場の進行は、
品質の向上につながり、無駄なコストの削減になります。

プランニングの進め方

① ご相談

電話、メールでご遠慮なくお問い合わせください。「家づくりについて相談したい」「会社選びで迷っている」「プランを立ててほしい」など、北海道で住宅を専門に設計監理を行っている技術を生かし、失敗しない、住んでからも満足していただけるような情報をお伝えします。

② ヒアリング

どんな話しでもお聞かせください。はじめは何から話して良いか迷うものですが、例えば、吹き抜けのある家、子供の元気な姿が見えるような間取り、自分たちの趣味の部屋がほしい・・・など、理想的な家の考えをどんなことでもお聞かせください。予算と敷地条件に合ったプランをイメージいたします。

③ 敷地調査

土地の情報で間取りや屋根の形が変わります。建設予定地に出向き、周辺の雰囲気やお隣の家の位置関係、道路の状況、日当たりの条件など、敷地に適した間取りや形を考えます。

④ プランニング

家を設計するための最初の図面です。要望と敷地条件、予算をもとに、家の間取りや仕様など具体的にプランニングを立て、そのプランニングに対しての概算見積書を作成します。

⑤ 再プランニング

理想の家になるように、何度もプランニングを繰り返します。一回目のプランニングでお客様の建てたい家と一致することは、あまりありません。設計者としてのコンセプトを説明したうえで、さらにご意見をお聞かせください。このヒアリングは数回繰りかえし理想の家に近づきます。納得するまで一緒に話し合いましょう。

次のステップからは有料となります

⑥ 設計監理の契約

ここからは、さらに詳細な打合せを行い、長いおつきあいの始まりです。じっくりと最終的なプランを練ります。実施設計図に入る前はプランニングの変更は可能です。疑問に思うこと、分かりにくいこと、工事費のことなど、妥協せずにお聞き下さい。この期間には敷地の地盤調査を行います。

⑦ 実施設計の開始

詳細図を含めた重要な設計図です。正式な見積りも実施設計図で行います。間取り図面では、縮尺の小さな図面でしたが、新聞紙大くらいに引き延ばした大きな図面で、細かく具体的に説明いたします。家具などの配置、クローゼットの棚、コンセントの位置決め、意匠、構造、設備など、家を建てるために必要な全てが図面に描かれます。その他にも内外装の仕上げ、キッチン、浴室、トイレなどの設備機器の種類なども決めていきます。

⑧ 設計の期間

実施設計の期間中は、何度も打合せを行いご説明いたします。詳細な図面を描いていくと、新たなイメージも膨らみます。進行中の図面を共有しながら納得の行く家をとことん話し合いながら図面の完成を目指します。

⑨ 設計図の完成

全ての設計図を1枚ずつ丁寧にご説明いたします。設計図は建物にもよりますが、全部で25枚前後になります。各専門工事業者は実施設計図に基づき施工を行います。また、設計図は重要な書面ですから、家が完成した後も大切に保管して下さい。

⑩ 工事費の見積り

通常の設計事務所は、業者(工務店)から見積り徴収を行いますが、手島設計では、図面を描いた設計者として工事費の見積りを独自に行います。その結果をもって、各工事の数量や単価などの適正化をチェックして発注額を決定します。

⑪ 見積り結果について

プランニング時及び設計中にお知らせした概算見積金額は必ず守ります。工事費の総額はプランニング時にお伝えした概算見積り金額を上まわることなく、価格交渉を業者と行いますのでご安心ください。

これからは施工の流れです

⑫ 工事請負契約書の締結と着工

工事の請負契約書を締結すると、いよいよ工事が始まります。建築確認申請など必要な事前準備を整え工事がスタートします。設計監理者として近隣挨拶を行いますが、なかにはお客様ご自身でも事前に挨拶を行う方もおります。また基礎工事の前に地鎮祭を行うこともあります。いずれの場合もご相談ください。

⑬ 基礎工事開始

基礎工事は重要な工事です。設計図どおりに建物の位置を決め、地盤調査どおりの耐力の確認、想定外のことが無いか注意深く工事監理を行います。

⑭ 木工事

お時間のあるかぎり、工事現場へ見学にお越しください。土台敷きから始まる木工事は工事期間も長く、現場の大工とも顔なじみになれ、我が家が少しずつ出来て見るだけでも楽しいものです。この間には他の業種の職人達も出入りします。完成してからでは見えなくなる所をじっくり見てください。

⑮ 工事の期間中

お気づきのことがあれば連絡をください。現場を見て急に変更したいことなどが発生した場合は、すぐに工事監理者の私にご確認をください。現場では様々な工事のからみがありますから迅速な対応が必要です。可能な限り対応いたします。

⑯ 完成

全ての工程が終わり、いよいよ完成です。建物全体をすみずみまでチェックし、建築確認検査機関による完了検査を受け、検査済み証が発行された後、待ちに待ったお家の完成です。

⑰ 引き渡し

家の取り扱い説明や住まい方をご説明しいたします。保証書、設備機器の説明書、独自型外断熱住宅の特性などをご説明して、鍵をお渡しします。

⑱ 引き渡し後

引き渡し当日は、主に設備機器の取り扱いなど、引っ越し直後から当面すぐに使えるように説明をいたしますが、お客様にとっては、これで全てが理解したとは限りません。例えば真夏に引き渡したケースで、暖房ボイラーの取り扱いを細かく説明しても、すぐ使わないのでピンきません。そのようなときは、使用時期になってから再度訪問してご説明を行います。他のメンテナンスを含めて対応いたしますのでご安心ください。