家族に合せて暖房を使う

CASE2 家族に合せて暖房を使う

既存の寒い家を建て替えたSさんは、3世代が同居する4人家族。
ライフスタイルは、4人ともバラバラで、暖房の必要時間帯も異なる。
そこで、外断熱に包まれた内部を部屋ごとに、断熱区画、1.2階、老人室、寝室、
書斎は、防音も兼ねて、 趣味の音楽鑑賞を楽しみ満足。

12月中はペレット兼用の薪ストーブで十分暖かい。
老人室と書斎は、必要に応じて温水暖房を使用。 洋室と寝室は、太陽熱と家全体の余熱で暖かい。
全室温水暖房パネルが完備しているが実際に住み始めると、
「あまり使わない部屋に暖房を入れるのはもったいない」と 建て主が言います。

家の中で温度差があっても、
独自型の外断熱住宅は結露など、建物への悪影響は一切ありません。

暖房設計の概要 ]
外断熱工法 / 温水暖房 / 玄関タイル下ヒーティング / ペレット兼用 薪ストーブ
平面図

煙突工事の様子 断熱材を貫通する煙道
煙突工事の様子 断熱材を貫通する煙道
ペレット兼薪ストーブ トイレ
実際の様子 こんなトイレも使い易い
玄関アプローチ
玄関アプローチ